森の中で木の実を食べて生活していた我々の祖先は、

進化の過程で「狩り」をして暮らすようになりました。

 

草原での狩りはハイリスク、

その為、我々の祖先は強い「団結」が求めらました。

 

その団結には「音楽」が必要不可欠だったそうです。

音楽は情動を育み人に「共感」の心を芽生えさせ集団形成を促しました。

 

これが「原始社会」の礎です。

 

 厳しい自然界の中で生きる叡智とは「仲間と共に団結して生きる術」であり、

音楽はその大黒柱でした。

 

しかし、自然界で生き残る為に育んできた人間の強い「仲間意識」は

いつしか人間同志の争いの源にもなり、矛盾とも言える事態を招いてしまっています。

 

民族紛争、経済の競合

争い絶えず、

目に見えぬ斥力が働き、

 

平和の希望は星の輝きのような儚い光でまたたいています。

 

我々は、いにしえの「共感の輪を広げる知恵」を今一度吟味し

さらなる時代のフェーズに立ち向かう必要があるのかも知れません。

 

自然と共に生き、民族の差異を認め合い、共感の輪を広げる。

 

自身の活動がその一助となることを祈っています。

​吉井 盛悟